スタッフブログ

■クマネズミの生態、クマネズミの駆除の事でしたら大阪、兵庫、奈良、専門業者の大洋防疫にお任せください

害虫駆除スタッフの向井です。

 

今日はクマネズミの生態についてお話したいと思います。

 

クマネズミが日本に入ってきた時期

クマネズミは二世紀ごろに船に乗って日本にやってきました。今では日本

全国に繁殖しています。特にビルや、家の天井裏に生息している事が多い

です。比較的乾燥したところに生息しており、体が濡れたり、汚れたりする

のを嫌います。

 

クマネズミの特徴

体長は15から24センチ、尾長は16から26センチと体長よりも尾の方が少し長

いのが特徴です。尾が長いのは、尾でバランスをとったり、尾を巻きつけて

体の一部を支えているからです。

耳は大きく前に倒すと目が隠れるのが特徴です。目も大きいです。

体色は、背中は灰褐色や褐色で、腹面は黄色みを帯びた灰色や、淡黄褐色

です。

 

クマネズミの出産と寿命

1回の出産で6から9匹産みます。三ヶ月すると繁殖可能な成獣になります。

寿命は2から3年です。

 

食性について

食物の種、穀物、果実、またはその加工食品を好んで食べます。ゴキブリ等

の昆虫もよく食べます。比較的植物性のものを食べ、動物性のものはあまり

食べません。水分補給のために、野菜、茎、葉なども好んで食べます。

 

近年話題のスーパーラット

近年では、クマネズミの中に殺鼠剤に耐性のある肝臓の毒代謝能力の高い

もの出現しています。クマネズミ 以外のネズミにもの毒に耐性を持つねずみ

が見られるようになり、これらを総称して『スーパーラット』と呼んでいま

す。現在では『スーパーラット』にも効く殺鼠剤も研究されています。

 

大洋防疫ではクマネズミの生態を研究し、どこから侵入してくるのか?

どこを通っているのか?どんな餌を好むのか?毒餌はどうすれば食べるの

か?等を研究しています。クマネズミは頭が良いので、施工現場ごとに、

駆除方法も違います。一番良いクマネズミ駆除をさせて頂きます。

 

ねずみにお困りのお客様は専門業者、大阪の大洋防疫におまかせ下さい。

ねずみ駆除事業者様    http://taiyouboueki.co.jp/nezumi_jigyo/

ねずみ駆除一般家庭様  http://taiyouboueki.co.jp/nezumi_ipan/

 

ねずみ駆除、対応エリア

〈関西エリア) 大阪、奈良、兵庫、京都、滋賀、三重、和歌山

〈関東エリア) 東京、千葉、神奈川、埼玉、栃木、群馬

害虫駆除、退治、害獣駆除、捕獲対策なら専門業者の大阪の大洋防疫に おまかせ下さい。

 

事業内容

ゴキブリ、クロゴキブリ、チャバネゴキブリ、ワモンゴキブリ

ねずみ、家ねずみ、クマネズミ、ドブネズミ、ハツカネズミ

シロアリ、ヤマトシロアリ、イエシロアリ

害虫駆除、害虫対策、ハエ、コバエ、飛翔昆虫対策

ノミ、ネコノミ、ダニ、ツメダニ、イエダニ、タカラダニ

トコジラミ、ナンキンムシ、南京虫

イタチ、アライグマ、ハクビシン、ハト、カラス

ハチ、アシナガバチ、ミツバチ、スズメバチ、アリガタバチ、シバンムシ

アリ、ハリアリ、クロアリ、イエヒメアリ、アルゼンチンアリ

クモ、セアカゴケグモ、アシダカグモ、ムカデ、ヤスデ

チャタテムシ、キクイムシ、チビタケナガシンクイムシ

コクヌストモドキ、コクヌスト、ヒラタムシ

ガ、メイガ、イガ、コイガ、ケムシ、チャドクガ、モンクロシャチホコ

上記の害虫の駆除、退治、予防施工及び殺菌消毒、消臭施工全般

 

害虫駆除商品販売

捕虫器、ムシポン、ムシポンポケット、ピオニー捕虫器

ピオニー捕虫器FC-21P、ゴキブリ用殺虫剤、金鳥プロ用ゴキブリ駆除剤

ねずみ用粘着シート、ねずみ粘着版ラットボード、ねずみ粘着用イーボード

メイガトラップ、チョウバエ駆除商品、デミリン発泡錠

捕虫テープ、ピオニー捕虫テープ、ピオニー捕虫テープGC20-S

ピオニー捕虫テープGC-8、ピオニー捕虫テープCV-107

微生物により汚れを分解する天水清流源、天水

上記商品の販売なら大阪の大洋防疫にお問い合わせ下さい。

 

記事一覧へ