スタッフブログ

■総合防除 大阪府内の食品工場へ総合防除にお伺いさせて頂きました。

害虫駆除スタッフの小林です。 先日は大阪府内の食品工場へ総合防除にお伺いさせて頂きました。

こちらの食品工場はかなり大きく、作業時間も長いので毎回4名で施工しほぼ1日仕事となります。

4名は担当ごとに分かれ作業をし

一つは直接的な異物混入防止の為の補虫器のメンテナンス、シートの交換やモニタリングをし、その後の薬剤散布の有無の判断といったことをしていきます。

二つめはネズミの駆除、防除作業です。 毒餌の喫食の有無、粘着シートの交換や捕まっているネズミの処分などをしていきます。

三つめは床置きのトラップ(某ホイホイのようなもの)交換、モニタリングです。 ゴキブリの有無はもちろんのこと、その他注視しなければならない昆虫が捕まっていないか等を確認していきます。

ここまでを午前中で終わらせ、昼からは薬剤散布による殺虫を行います。 午前中のモニタリングによりある程度のポイントをつかめるのでそこらを重点的に殺虫処理していきます。

その後今回の害虫やネズミの発生状況やお客様に協力していただきたいことを報告し撤収となります。

大型の食品工場等はその規模から自社での害虫やネズミの管理はかなり難しいです。

物流倉庫、食品工場、スーパーの害虫獣の総合防除なら、創業42年の信頼と実績の大洋防疫におまかせ下さい。
記事一覧へ