ハエ駆除サービス

こんな症状ありませんか?

  • ハエが店内(工場内)に入ってきて困る
  • どこでハエが発生しているかわからない
  • お客様からハエが飛んでいるとクレームがあった
  • 商品にハエが混入してクレームになってしまった
  • 食品工場で異物混入で困っている

これらの症状がありましたら、原因を探すことが大切です。被害が拡大する前に一度ご相談下さい。

ハエ駆除は自分で出来るの?

数匹のハエでしたら、市販の殺虫剤やハエ取りリボンでの駆除も可能です。
しかし、そのハエは何処から来たのでしょうか?
店内で発生しているのか?それとも外部から侵入してきたのか?
発生原因を突き止めないことには、同じ事の繰り返しになってしまいます。
日本に生息しているハエは約3000種類とかなり多いです。
ハエの種類により、発生原因も様々です。
当社にご相談頂きますと効果的な対策をご提案させて致します。

ハエによる被害

1.お客様からのクレーム

たかが、ハエされどハエです。1匹のハエでお店のイメージダウンは計り知れません。
お客様にとってはハエが何処からやってきたなどは、あまり関係ありません。
見た目の悪さや不衛生感ですごく不快な思いになってしまいます。

2.感染症の媒介

ハエは人間の食物と糞便などの汚物の双方で摂食を行うので、この時に病原性のある細菌、ウィルス、寄生虫卵等を体の体表を通じて媒介します。
代表的なものでは、病原性大腸菌O-157、トリインフルエンザウィルス、ポリオウィルス、赤痢菌、サルモネラ、赤痢アメーバなどがあります。

3.異物混入

・飲食店ではお客様に提供する商品に混入したら、そのお客様が2度と来店されないばかりか、
 その噂が広まるなんて事もあります。そうなると死活問題です。
・食品工場で異物混入があったら、その商品の信用を失う事になります。そうなる前に一度ご相談下さい。

食品工場で物混入にお悩みの方

自社で対応されいては限界があります。業者を入れていても異物混入がなくならない等ございましたら、もしかしたら原因を見落としている、もしくは見つける事が出来ないのかもしれません。
一度当社にご相談下さい。効果的な対策をご提案させて頂きます。

少しでも不安な方は大洋防疫におまかせ下さい。

ハエ駆除の3つのポイント

環境面の対策

ハエが発生しづらい環境整備


  • ハエの発生原因になる汚れを除去
  • 食材を出したままにしない
  • ハエの侵入を減らす(設備改善)

定期的な管理

毎月1回の点検


  • 捕虫器の設置及び管理
  • 環境改善対策
  • 発生源対策

安心と信頼の施工技術

創業46年の実績


  • ハエの生態を長年研究
  • ハエの巣や習性を把握
  • 熟練技術者による徹底駆除

このうちのどれか1つでも欠けていては、効果的なハエの駆除は出来ません。
大洋防疫は環境作りからご提案をし、よく効く捕虫器や薬剤を使用し、熟練の技術者が施工を行う事により、効果的なハエの駆除が出来ます。

低コストで効果的な駆除システム

環境改善対策、発生源対策(幼虫対策)、成虫対策、薬剤散布様々な施工方法を併用し、効果的な駆除が出来ます。

環境改善対策

  • 発生しやすい環境を改善するために、清掃箇所等をご提案致します。
  • プロの目からでないとわからない、細かいところもチェック致します。

設備対策

  • エアーシャッターの取り付け
  • エアーカーテンの取り付け
  • 間仕切りの設置工事

発生源対策(幼虫対策)

  • 発生源に幼若ホルモン等を散布致します。(人体に対して極めて安全です。)
  • 発生源に殺虫剤を散布致します。(厚生労働省認可の安全な薬剤です)

成虫対策

  • 捕虫器を設置し、粘着シートで捕獲致します。(ハエ等が下に落ちる事がなく衛生的に管理ができます)
    ※電撃殺虫機は殺虫したハエを飛散させてしまう恐れが高いので、お勧めできません。
  • ULV施工
    薬剤を細かい霧状にして空間噴霧致します。(発生数が多い時は成虫を減らす為に行う場合があります)

安心の年間施工

年間を通じて発生を抑える事が出来ます。

捕虫器を取り付け、毎月1回定期的にメンテナンスを行います。
メンテナンスをすることにより、常に良好な状態で捕虫する事が出来ます。
発生源が店内の場合は環境改善対策も行い、ハエの発生しにくい環境にしていく事大切だと考えております。
年間を通じて捕虫数等を見ていく事が出来るので、気温の変化等によりハエの発生が増加しても対応が出来るので、安心してお任せ頂けます。

ハチ駆除のお申し込みから完了の流れ

1お問い合わせ

まずはお電話下さい。
専門のスタッフが対応させて頂きます。

2無料調査とお見積り

専門のスタッフがお客様から状況をお伺いし、お見積りをさせて頂きます。

3ご検討

ご予算などをふまえた上でご検討下さい。
わからないことがありましてたら、なんでもお聞き下さい。
ご検討頂いてご納得頂きましたら、ご連絡をお願します。
キャンセルされましても、無料ですのでご安心下さい。

4作業日時の打ち合わせ

作業はお客様のご都合に合わせて施工させて頂きます。

5作業開始・捕虫器の取り付け

専門のスタッフがお伺いさせて頂きます。
まずは捕虫器の取り付けを行います。

6定期管理施工

粘着シートの交換やライトの点検

7状況に応じた対策

環境改善対策、設備対策、発生源対策

8完了

ハエに悩まされない安心のできる環境をご提供いたします

蝿・コバエ・飛翔昆虫駆除料金

定期管理料施工方法
捕虫器設置
(虫ペチャシート)
4,950円~/月
(@1,650×3台)
【捕虫法】
捕虫紙・蛍光灯・グロー球のメンテナンス交換
ULV機(1台)23,100円~/月【超微粒子噴霧消毒】
薬剤の定期補充と機器のメンテナンス
燻蒸22,000円~/1回(33㎡/10坪まで)
5,500円/1回(33㎡/10坪増)
【ドライ工法殺虫】
室内を密閉し、超微粒子のガス噴霧
フェロモントラップ虫の種類により料金が異なります。
(1回 8,800円~16,500円)
【発生源対策】
トラップの設置・交換

蝿・コバエ について

イエバエヒメイエバエセンチニクバエ
成虫の体長体長6~8mm、体は灰黒色。全国各地に普通に見られ、全世界に分布する体長5~7mm、細長く、胸背には3本黒条がある体長8~14mm、大型で灰白色。日本各地で普通に見られる
特徴卵から成虫になるまで約12日(29℃)~29日(18℃)かかる。メスは1回に平均120個の卵を3~5回産む卵から成虫になるまで約24日(24℃)~33日(18℃)かかる。高温には弱いが低温耐性は大きい卵胎生(雌の体内で幼虫が孵化する)で幼虫から成虫まで約17日(25℃)~26日(20℃)かかる。成虫は一回に約50匹の幼虫を生む
生息場所ゴミ処理場
豚舎、鶏舎、牛舎
鶏舎、便所便所

ハエ 参考写真(クリックすると画像が見れます)→