スタッフブログ

■プロが教えるゴキブリの生態と予防  大阪での冬の発生状況

作業員の西尾です。

プロが教えるゴキブリの生態と予防  大阪での冬発生状況

 

冬なのにゴキブリってことありませんでした?

真冬の寒い家の中で、目の隅に動く物体に気が付き、

目を向けると地上最強の不衛生害虫のゴキブリの姿が・・・

冬なのにゴキブリ!?

なんでやねん!

 

冬なのにゴキブリを見かけると、確実にちょっとした

パニック状態になってしまいますよね。

ゴキブリの活動気温は20度~32度が一番活発に動きまわります。

この気温を下回ったり、上回ると活動が低下するのです。

ゴキブリは冬に見かけることが出来なくなる理由は、

気温が10度を下回ると、成長がストップして暖かくなる時期まで

活動を停止します。

 

それにも、関わらす、冬なのにゴキブリを家の中で見かけた場合に、

何らかの原因が家の中にあると考えるべきでしょう。

 

ゴキブリを退治するには、冬場にゴキブリ対策を行う事が有効策なのです。

ゴキブリは日本の冬の気温では活動することが出来ません。

このタイミングでゴキブリ対策を行うのがベストです。

対策といってもどこに、ゴキブリがいるのかを知らなければなりません。

 

ゴキブリが冬場にいる場所

1・ 天井裏
2・ 電化製品の裏側または製品の中
3・ダンボールの中

これら3つの場所の共通点は、人の目に触れにくいという事です。

ここには、ゴキブリのエサとなるホコリがたくさん存在しています。

また、ダンボールもゴキブリのエサになるのです。

ダンボールそのものや、ダンボールを接着している糊がエサとなります。

ゴキブリ対策するには、ゴキブリが住みにくい状況下を作り出すことです。

冷蔵庫の裏側や電子レンジの下側などは、ホコリもたまりやすいので、

ここは確実のホコリやごみを取り除くことです。

 

なかなか天井裏の探索は難しいですから、天井裏はバルサンなどの

煙などを使用する方法がいいでしょう。

 

ダンボールは、溜めることなく、定期的にゴミに出すことです。

こうすることで、ゴキブリは、この家には住めないと判断して

出ていくことになります。

 

ゴキブリ対策は、家の中のホコリを徹底的に排除し、

ダンボールなども定期的にゴミ出しすることです。

家の中をキレイに保つことで、ゴキブリが夏場に出にくい環境を作りましょう。

以上・・・さようなら

 

大阪府のゴキブリ駆除対応エリア

大阪市(北区、中央区、浪速区、西区、都島区、東成区、西成区、大正区、淀川区、東淀川区

西淀川区、港区、生野区、旭区、鶴見区、阿倍野区、城東区、住吉区、東住吉区、平野区)

堺市(堺区、北区、中区、東区、西区、南区、美原区)

東大阪市、八尾市、柏原市、藤井寺市、松原市、大東市、四条畷市、門真市、高槻市、池田市

交野市、吹田市、四条畷市、摂津市、豊中市、寝屋川市、箕面市、守口市、和泉市、泉大津市

泉佐野市、大阪狭山市、貝塚市、河内長野市、岸和田市、泉南市、高石市、富田林市、羽曳野市

阪南市、島本町、能勢町、忠岡町、熊取町、田尻町、岬町、太子町、河南町、千早赤阪村

 

ゴキブリ駆除・予防なら創業45年の信頼とゴキブリ駆除実績105,000件の大洋防疫におまかせ下さい。
事業者様    https://taiyouboueki.co.jp/gokiburi_jigyo/
一般家庭様   https://taiyouboueki.co.jp/gokiburi_ipan/

ゴキブリ駆除・予防・対策対応エリア

<関西エリア>大阪、兵庫、奈良、京都、三重、滋賀、和歌山

<関東エリア>東京、千葉、神奈川、埼玉、栃木、茨城、群馬

<中部エリア>愛知 静岡 岐阜 長野 山梨

« 前のページへ 記事一覧へ