スタッフブログ

■ねずみ駆除 大阪でのねずみの被害状況、プロが教えるクマネズミの生態

大洋防疫代表の向井です。

 

大阪でのねずみの被害状況、プロが教えるクマネズミの生態についてお話をさせて頂きます。

 

大阪でのクマネズミの被害状況

近年大阪を中心として大都市ではクマネズミの被害が拡大しています。

ビル、商店街、地下街、ショッピングモール、百貨店など飲食店が数多く出来ています。

建物の断熱性が高く、食べ物がたくさんある施設はクマネズミの絶好の住処になります。

関西では大阪、京都、兵庫を中心にかなりのクマネズミの被害が出ています。

 

クマネズミの生態

クマネズミはビルなどの高い建物でも簡単に登っていきます。

ジャンプ力が凄く高く、高さ1メートル近くもジャンプができます。

尻尾が体調よりも長いのが特徴です。なぜ、尻尾が長いかというと、

尻尾でバランスをとったり、配線などに巻き付けてバランスを維持したりするからです。

そのバランス感覚をいかして、建物の角、柱、鉄骨、配線、配管を伝って

どこまでも上に登っていくことができます。

だからビルなどでクマネズミの被害が増えているんです。

 

ねずみ駆除なら創業45年、施工実績126,000件の信頼と実績の大洋防疫におまかせ下さい。

ねずみ駆除でお困りのお客様は専門業者の大洋防疫おまかせ下さい。

事業者様     https://taiyouboueki.co.jp/nezumi_jigyo/

一般家庭様 https://taiyouboueki.co.jp/nezumi_ipan/

ねずみ駆除・予防・対策対応エリア

<関西エリア>大阪、兵庫、奈良、京都、三重、滋賀、和歌山

<関東エリア>東京、千葉、神奈川、埼玉、栃木、茨城、群馬

<中部エリア>愛知 静岡 岐阜 長野 山梨

 

 

 

« 前のページへ 記事一覧へ